「超小型放射能測定器」“Naho”(ナホ)の使い方とは?

 

技術使用書 
 

「超小型放射能測定器」“Naho”(ナホ)の使い方とは?

 

まず最初にNahoの小型ソーラーパネルを太陽に向け、3時間充電します。(乾電池はいりません。)

その後、Nahoの後ろにあるボタンを押しNahoが正常に作動するかどうか確認して下さい。その際に『ピッピッピッ』と3回音が鳴れば準備は完了です。

充電が完了したら、あとはいつでもどこでもNahoをあなたと一緒に持ち歩いて頂くだけです。バックの中に入れておくのはもちろん、別売りのネックストラップを使ってあなたのお気に入りのバックなどにかけておくこともできます。ちなみに、Nahoは水が苦手です。防水機能はありませんのでご使用の際はお気をつけ下さい。


Alarme 1

Nahoは常にあなたの周りに放射能汚染の危険がないかどうかをチェックし、もしあなたの今いる場所が危険だと判断したら、危険のレベルに合わせて3段階の音であなたに警告をします。

 

 

*危険のレベルは3段階に分かれています。あなたが現在どの状況に置かれているかを、Nahoの裏側に書いてある絵とともに説明していきます。

 

 

 
 
 

レベル1のアラームは2秒ごとに1回鳴ります。これは直ちに健康に害のある数値ではありません。しかしあなたの今いる場所の放射線レベルが、自然界における通常の放射線レベルより5倍高いことを示しています。そのため外出は控え、外のごみやちりを家の中に入れないように気をつけましょう。外出した方は念のため家に帰った際にシャワーを浴びることをお勧めします。

 
 
 

レベル2のアラームは空気中の放射線レベルが通常より50倍高いことを示しています。すぐに命にかかわるようなことはありませんが、屋内退避をお勧めします。窓を閉め、Nahoに注意を払い、もしその後もアラームが鳴り止まないようでしたらその場所を離れてより安全な場所へ避難して下さい。

 
 

レベル3のアラームは空気中の放射線レベルが通常の500倍相当であることを示しています。もしあなたの家に核シェルターがない場合は、直ちにその場所から離れて下さい。どこか密閉された安全な場所にとどまり、あなたもあなたのご家族も注意深く全身の浄化処理を受けて下さい。もし可能であるならば万が一の自体に備えて、非難する際にあなたの持病の薬や家族の大切な思い出の品、貴重品などを持ち出しておいたほうがいいでしょう。

 

Alarme 2

 

もしあなたが放射線レベルの高い場所にいて、Nahoのアラーム音をずっと聞き続けることが苦痛でしたらNahoの裏についているボタンを3回押して頂ければ臨時のサイレントモードに設定することが可能です。Nahoはあなたのいる場所の空気中の放射線の値が再び上がったときまた鳴り出します。


ご注文内容  

現在、ご注文の商品はございません。

送料 0,00 €
トータル 0,00 €

ご注文内容 お会計